5月1日に公開が決まっている長編実写映画『THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦』のサントラが4月29日に発売、予約受付が始まっております。

なおシリーズの方のサントラは、デジタルダウンロード版も出ております

押井守が4K解像度を語る

【特集 II 】4K | 2月号 | 月刊「大人のソニー」 | ソニー

押井守監督が、4Kテレビで見た自作の感想を語っています。まあ4KソースはないのでTVでのアップコンバートですが。

しかし最初から4Kで制作しなければならなくなるというのは、制作者にとっては悪夢でしかないと思うのですが。こんな話もありますし。

業界関係者が警告、長編CGアニメの4K対応はほぼ不可能 – BusinessNewsline

長編CGでなくても、撮影などを含めると今やCGを使っていないカットなど存在しないと言っていいのですから、とにかく時間もコストもかかることは想像に難くなく……。

CNN.co.jp : 「イスラム国」「ISIS」「ISIL」 その違いは?

イスラム教国や日本のムスリム(イスラム教)団体はISILを、「イスラム教と直接関連づけているようで差別を招くし、国家として認められていない」などとして“イスラム国”と呼ばないように要請しており、日本政府もISILと呼ぶようになりました。欧米のマスコミもISILあるいはISISの表記を使用しています。ですが日本のマスコミはかたくなに“イスラム国”の表記を使い続けており、「最初に過激派と言っており、鉤括弧つきで表記することで区別し、配慮している」などと詭弁を使っています。

呼称「イスラム国」使用中止を求めるキャンペーン実施中。NHKはゼロ回答! | 中妻じょうた

マスコミが「ISIL」を「イスラム国」と呼び続ける理由に関する考察 - Togetterまとめ

こちらでは、ISILが企業名、商品名とかぶっているからだと推測しています。その理由を否定するわけではありませんが、私は別の理由を推測しています。

といっても18禁作品のことではありません。Twitterでだらだら書いたネタを、せっかくだからちょっとまとめて加筆してみました。

先日掲載した、新文芸坐で2月末に行われる押井守映画祭2015 第二夜に、既に発表されているタイトルは『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊 (1.0)』『イノセンス』『スカイ・クロラ』のほかに『Je t'aime』も上映されるとのこと。『Je t'aime』はGLAYとのコラボで制作された、押井監督による短編映画で、アルバム付属のDVDに収録されている(DVD収録などの映像は、PV verより尺が長くなっている)。

『Je t'aime』はBlu-ray上映になるとのことだが、HD画質で公開されるのは今回が初になる。

新文芸坐にて2月28日に『新文芸坐×アニメスタイル セレクションVol. 65 押井守映画祭2015 第二夜(仮)』と銘打ったオールナイト上映を実施。上映作品は『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊 (1.0)』『イノセンス』『スカイ・クロラ』。トークショーも行われ、出演者は押井守氏、西尾鉄也氏、小黒祐一郎、桑島龍一氏。前売り券発売は1月24日より。

香川県で行われるさぬき映画祭で、2月15日に『ガルム』が上映される。チケットは1月23日1000時より、会場のイオンシネマ高松東およびオンラインで販売開始。日本での一般人が見られる上映および映画祭での上映2回目。

GARM WARS The Last Druid | 上映作品 | さぬき映画祭オフィシャルサイト

映画とノンフィクションで観る!鬼才・押井守の世界|WOWOWオンライン

WOWOWで2月28日に押井守特集が行われ、『アヴァロン』『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』『イノセンス』『スカイ・クロラ』を一挙放送。さらに『ノンフィクションW さらば愛する日本よ~密着・押井守の世界挑戦800日~』というタイトルの、『ガルム・ウォーズ ザ・ラスト・ドルイド』オリジナルメイキングドキュメンタリーを放送します。

ノンフィクションW さらば愛する日本よ~密着・押井守の世界挑戦800日~|ドキュメンタリー/教養|WOWOWオンライン

アニメーション映画『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』で、アメリカ「ビルボード」誌セル・ビデオ部門で売り上げ1位を記録するなど、世界を席巻してきた映画監督・押井守。そんな彼の作品、『GARM WARS The Last Druid』が2014年の東京国際映画祭で特別招待作品として上映された。ある星の部族間で繰り広げられる戦いを描いたもので、実写とCGを融合させた大スペクタクルSF作品だ。
この作品が完成するまでの道のりは決して平たんではなかった。1997年に一度企画が凍結され、再始動できたのは2012年。ハリウッド映画製作等で活用されているカナダ政府による補助金制度を利用した映画製作に取り組むが、想像を超えた制約が大きく、プロジェクトは数々のトラブルに直面する。番組では 2012年10月から押井をはじめ、今回初めて海外での実写の映画に挑戦することになり、さまざまな障害に直面するプロダクション・アイジー社長・石川光久らが参加する製作委員会の奮闘にも特別に密着取材。
なぜ押井があえて海外への進出を図るのか?海外での映画製作に取り組み、日本と異なる製作スタイルとの調整を行ないながら、自分の求める映画を追求する彼の挑戦を追う。

「劇場版をいまさら劇場公開とは?」と思われる人もいるかもしれませんが。

まず『ニルスのふしぎな旅』は、1980年からNHKで約1年間TVシリーズとして放送された、セルマ・ラーゲルレーヴの原作をもとにしたアニメです。制作はスタジオぴえろ(現ぴえろ)で、押井守氏が“師匠”と呼んでいる鳥海永行氏がチーフディレクター(監督)を勤めました。押井氏は鳥海氏のもと各話演出で参加しており、「予算も時間もたっぷりあって、天国のようだった」「色々なことを試せた」と語っています。また、押井氏が音響監督の斯波重治氏や、声優の千葉繁氏、玄田哲章氏などと関わるようになったことで、後に『紅い眼鏡』がつくられるひとつのきっかけになったとも言えます。

そして、先に書いたとおり『ニルスのふしぎな旅』はTVシリーズとして作られたアニメですが、総集編的な内容の劇場版も制作されました。とはいっても絵は新規に起こされていて非常に贅沢な制作だったそうですが、スポンサーの事情で結局劇場公開されませんでした。ただ、VHS、LD、DVDなどが発売・レンタルされており、NHKでTVスペシャルとして放送されたこともあるので、見たという人も多いでしょう。そのため「幻の劇場版」と一部のニュースサイトなどで書かれているのは、正確とは言えません。

ともかく、その『ニルスのふしぎな旅 劇場版』が、1月31日から2月6日にかけて渋谷アップリンクにて、恐らく初めて劇場上映されることになりました。スクリーンで上映されるという意味では貴重です。

『劇場版 ニルスのふしぎな旅』 - 上映 | UPLINK

この劇場版も監督は鳥海氏ですが、押井氏によると鳥海氏はこのころニルスに飽きていたため、実質的な作業は、劇場版でも演出を担当した押井氏がほとんど行ったそうです。もっとも劇場版の内容は、あくまで児童文学をなぞったTVシリーズのメインストーリーを追っているので、“押井守色”はほとんどありません(逆にTVシリーズで押井氏が担当した話の中に、そういう要素が強く出ている話があります)。

ぼちぼち色々と出てきています。

THE NEXT GENERATION パトレイバー

実写「パトレイバー」長編劇場版、都庁爆撃の緊迫ビジュアル公開 : 映画ニュース - 映画.com

解禁されたビジュアルには、メガホンをとった押井守監督がこだわり抜いたという熱光学迷彩をまとった武装ヘリコプター「グレイゴースト」が東京都庁を爆撃するというシーンを背景に、2機の主役レイバー、イングラムがその危機に立ち向かおうと並んだ姿を描いている。

個人的には、アニメ『パトレイバー2』を作って東京に興味を失ったという押井監督が、また東京でのテロの話を描くこと、『イノセンス』では光学迷彩の存在を忘れていて劇中に出し損ねたと言っていたのに光学迷彩のヘリを出したことが不思議にも感じられましたが。

また、本日より第7章が公開されていますが、南雲しのぶが登場することが発表されています。

実写版『パトレイバー』南雲しのぶ元隊長が登場、キャスト不明の場面写公開 | マイナビニュース
実写版「パトレイバー」最終章に南雲しのぶが登場! - シネマトゥデイ

THE NEXT GENERATION パトレイバー ガイド本「オフィシャル・マニュアル」の通販が開始されています。劇場でも販売されているはずです。

アーカイブ

制作協力書籍

ライターとして、以下の書籍の制作に協力させて頂きました。

その他の書籍協力依頼などについては、メールにて連絡をお願い致します。

QRコード このサイトは携帯電話などで見ることが可能です。http://mobile.kyo-kan.net/ にアクセスしてください。