韓国実写版『人狼』カン・ドンウォン、40キロの衣装で熱演

 アニメ版は戦後の日本が舞台だったのに対し、実写版は南北統一を控えた近未来の韓国。ジウン監督は2029年に設定した理由を以下のように語る。「韓国は北朝鮮と対峙する世界唯一の分断国家です。ある意味、南北統一を控えた混沌の時代というのはSFとして成立するのではないかと。とはいえ、現在を基準に未来を予測せねばならず、それが10年後であれば現実味があると考えました」と説明したが、シナリオ執筆当時は昨今の南北関係の進展を予想しておらず、韓国、北朝鮮を巡る現在の状況に驚いているという。

 実写版と原作アニメとの違いについてジウン監督はこうもアピールする。「原作には独歩的なムード、虚無的な世界観があります。原作にはない拳での殴り合いなどアクションを追加した部分もありますが、実写というフィルターを通して自分のスタイルの答案を出した気持ちです」

ドンウォンは「『人狼』出演の話は2011年頃にいただきました。興味深い映画だったのでOKしたのですが、クランクインまでに6年かかりました」と笑い混じりに語りつつも、いざ撮影に入ると監督のスパルタぶりに戸惑いがあったという。「特機隊の強化服だけで30キロもあり、武装を含めると40キロ近くになります。最初は動くだけでも大変だったのですが、一週間もすると慣れてきて、僕が動けるとわかると『武装したまま走れ』と言われたり、ジウン監督の要求がエスカレートしてきて……」と重い衣装を身に着けて動くことの困難さを振り返った。

カン・ドンウォン&チョン・ウソン&SHINee ミンホ、夢の共演!日本アニメ原作の映画「人狼」制作報告会に登場

キム・ジウン監督は「無謀だった。原作が韓国だけではなく、全世界で多くの熱血ファンを確保している。実写映画に対する期待が半分、不安が半分だっただろう。僕も同じだった。成功しても非難され、失敗したらもっと非難される。非難されることからスタートした。なので、他の映画よりも覚悟が必要だった」と伝えた。

押井守監督も登壇した、4Kリマスター版『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』メディア向け特別上映会レポート |日本のアニメーション映画を代表する傑作が、最新技術で蘇る | アニメイトタイムズ
押井監督「皆がハッピーになった」、『攻殻&イノセンス』UHD BDのクオリティに迫る - AV Watch
攻殻機動隊:押井守監督が語る4K版 執念がこもったフィルムを新たな表現で
「攻殻機動隊」「イノセンス」4Kリマスター版の威力 暗部にこだわる仕上がりに押井守監督も太鼓判
4K化で報われた - 押井守監督が語るUHD BD版『GHOST IN THE SHELL』『イノセンス』の “新体験” - PHILE WEB

4K版『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』『イノセンス』のマスコミ向け試写の記事です。
なおこれらのソフトはUltra HD Blu-ray版だけではなく、4Kリマスター版Blu-ray版も発売されます。

韓国実写版『人狼 JIN-ROH』の新トレイラーが公開されていました。このトレイラーと、アニメ版を比較したものもあります。

改めて情報を整理しますと、『人狼 JIN-ROH』は押井守原作・脚本、監督沖浦啓之による劇場アニメ作品。アニメ版は1950~60年代頃の反安保闘争時代の日本を描いていたのに対し、実写映画版では西暦2029年、5年の準備期間を用意して南北朝鮮の統一が計画されている中で、朝鮮半島統一に反対する勢力との武力闘争が起こっている時代を描いているようです。ちなみに出てくる装備などがドイツ軍風なのは、“日本がアメリカではなくドイツに占領された”という設定があるからですが、韓国実写版でその点がどうなっているかは判りません。

押井守監督とは何の関係もないのですが、私が過去に何度も触れてきた『よみがえる空 -RESCUE WINGS-』がBlu-ray BOXになって11月に発売されることになりました。
航空自衛隊の救難部隊(本来の任務は、航空機などから脱出した乗員を救出する部隊。災害派遣要請を受けて民間人の救助に向かうこともある)を、とにかく地味にリアルに描いたTVシリーズアニメで、私は今でも、過去最高のTVアニメのひとつだと思っています。同作公式Twitterでは、私が過去に許可をいただき、同作の杉山プロデューサーが書かれていたエピソードを転載していたことにも触れられております。

東日本大震災の影響もあって自衛隊に対する論調にも、当時と今ではかなりの変化が起こっているとは思いますが、この作品がどれほど良いアニメなのかということについてはもう語りきれません。バンダイチャンネルでは1話から3話までが無料視聴可能になっているので、とにかくその3話分だけでも一度見て頂けたらと思います。

韓国実写版『人狼 JIN-ROH』のティーザートレイラー動画が公開されています。アニメ版の、地下水路での戦闘シーンをモチーフとしているようです。

原作・脚本押井守、監督沖浦啓之、制作Production I.Gで公開されたアニメ映画であり、現在韓国で実写版の制作が進められている『人狼 JIN-ROH』ですが、2018年7月に韓国で公開される模様。ティーザーポスター2種類も公開されました。ポスターではかなりしっかり作られたプロテクトギアと、MG42らしき銃を見ることができます。

映画の設定としては、アニメ版が昭和40年代頃の反安保闘争時代の日本を描いていたのに対し、西暦2029年、5年の準備期間を用意して南北朝鮮の統一が計画されている中で、朝鮮半島統一に反対する勢力との武力闘争が起こっている時代、というような感じのようです。またアニメでは、日本がアメリカの代わりにドイツに占領されたためという設定がありましたが、実写版ではその点がどうなっているかは不明です。

世界を震撼させた劇場アニメーション『人狼 JIN-ROH』韓国で実写映画化! – CINEMATOPICS
押井守原作『人狼 JIN-ROH』実写版が韓国で公開へ カン・ドンウォン主演、『甘い人生』『悪魔を見た』キム・ジウン監督がメガホン | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス
原作・押井守、アニメ「人狼 JIN-ROH」が韓国で実写リメイク【エンタメCLIP】

計画自体はけっこう以前からあった、日本への国際リニアコライダー(International Linear Collider)加速器)誘致の動きですが、押井守氏がその新たな誘致運動“ILC Supporters”の発起人になったとのことです。

押井氏の他にも、メンバーとして押井守氏、東京大学特任教授の山下了氏、アニメーションプロデューサーの竹内宏彰氏、アニメーション監督の森本晃司氏、クリエイター・声優の木村優氏、ゲームディレクターの鈴木裕氏が参加。会見には不参加となったが作曲家の川井憲次氏もメンバーに名を連ねる。と、大物の名前が並んでいます。

押井守公式Twitterアカウント登場

押井守氏の公式Twitterアカウントが登場しました。とはいっても押井氏が直接書き込みをしているのではなく、スタッフが情報を書き込んでいくようです。最初の書き込みは日本への加速器誘致運動についての情報でした。

さて、いよいよ『野良犬の塒』の存在価値が消滅しようとしています。

WOWOWでの押井守特集インタビューなど

押井守監督が自身の作品について語る! 3週連続単独インタビュー 第一弾 ~パトレイバーシリーズ~
押井守監督が自身の作品について語る! 3週連続単独インタビュー 第二弾 『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』『イノセンス』
押井守監督が自身の作品について語る! 3週連続単独インタビュー 第三弾 『ガルム・ウォーズ』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』

WOWOWでの押井守特集にあわせて、インタビューなどが配信されております。

映画の言葉を聞く 早稲田大学「マスターズ・オブ・シネマ」講義録

「映画づくりは何を考えることから始まるのか?」
「良い脚本の条件とは?」「演技とは何か?」
「作品が世界を変えることはできるのか?」
名だたる巨匠から気鋭の若手まで、映画監督、俳優、テレビディレクター、プロデューサーなどの映像制作者たちが、実作をめぐって語る白熱の映画講義!



多彩な映像制作者たちをゲストに招き、制作にまつわる様々な事柄を語る早稲田大学の人気講義「マスターズ・オブ・シネマ」。本書は、2016年度、2017年度の全授業に加え、特に人気の高かった過去の講義の模様を収録。現場における知識や経験だけでなく、枠に囚われない考えや手法、作品の制作秘話などを、学生と対話しながら詳らかに明かしています。

より良い作品づくりのために、制作者たちは何を考え、実行してきたか。
その声に耳を傾けることで、映像をめぐる創作行為への入り口に立つことが出来ます。

学生のみならず、映像制作に関心のある方や従事者、それぞれの作品のファンにもおすすめしたい、映像業界にとって普遍的で実用的な一冊です。

押井守監督や細田守監督、鈴木敏夫氏他色々な人物が登壇しております。

[登壇者]
押井守/鈴木敏夫/古舘寛治/森達也/篠崎誠/山田キヌヲ/横浜聡子/李相日/真利子哲也/井上剛/杉野希妃/山崎貴/細田守/石井岳龍/荒木啓子/西川美和/是枝裕和/瀬々敬久/片渕須直/柄本明/北野拓/奥田庸介/熊切和嘉/石井裕也/池松壮亮/古谷敏/世武裕子/イザベル・ユペール/井浦新/濱口竜介/瀧本幹也/土井裕泰/佐野亜裕美/橋本忍/山田洋次/大林宣彦

押井守監督の実写映画でエキストラを募集

Production I.G|押井守監督 映画作品のボランティアエキストラ募集中!

静岡県御殿場の学校及び東京都内のスタジオにて撮影が3月末から4月頭にかけて行われるとのことで、そのエキストラを募集しています。映画の内容は“学園ファンタジー”とあるだけであとは未発表。とりあえず『東京無国籍少女』が連想されますが。