既報の通り、今月10日から22日まで“自選シリーズ 現代日本の映画監督5 押井守”が開催されるが、そのことについてのインタビューがあちこちに掲載されている。

押井守監督“自選”特集上映開催 30年以上のキャリアを振り返る : 映画ニュース - 映画.com

「今回は回顧上映みたいな形だけど、僕はまだ生きているし、まだまだ監督を辞める気はないんだけどね」と笑った押井監督は、「よくこれだけの映画を作ってこれたなと思いますよ。振り返ってみると、よくこれを作ることを許してくれたな。普通だったら無理だったろうなという思いはありますよね。無理やり、意見を押し通して作った作品もあったし。それを30本近くも積み重ねることができたというのは、自分としてもラッキーだったと思う。まわりに面白がってくれる人がいたからここまでやってこれたんだと思う。あらためてそれを思いましたね」としみじみ。「でもあらためて作品を振り返ってみると、SFやファンタジー、ポリティカルフィクションといった、非現実や非日常的な物語ばかりやっているなと思った。意識してそうなったわけではないけど、結局、自分が作りたい映画ってのはそういうものなのかもしれない」と付け加えた。

フィルムセンター特集上映記念!押井守監督インタビュー! | シネマズ by 松竹

アニメは当然1本1本表現の仕方が違うってことがあるにせよ、僕自身が絵描きではないので毎回スタイルを変えていくっていうのがモチベーションとしても必要でしたが、実写にしても戦争の映画もあれば、ゲームの映画もあれば、立ち食いソバの映画もある(笑)。

ただ、アニメにしても実写にしても、一貫しているのは現実の話って1回もやってないんですよ。常に非現実とか非日常。そういうものしかやってきてない。まあ、しいて言えば『立喰師列伝』(06)は日本の戦後史のつもりでやりましたが、人物自体は虚構だし、史実だけはなぞっているけどいろいろ嘘もついているし、実はまともな歴史ではない。もっとも、ヨーロッパのほうではあれが日本の戦後史だと勘違いされちゃったみたいだけど(笑)。

監督・押井守にゴールはない フィルムセンターで自選特集:朝日新聞デジタル

 「ほっとけば見る機会がなくなりそうなものから順番に選んだ。こうして並べてみて明らかなのは、現実を描いたものが一つもないということ。異世界や非日常ばかり」と話す。「映画はしょせん作り物だから、『現実のふりをした作り物』なんて作る気にならなかった。そういう意味では、アニメに向いていた人間だったんだね」

『ニルスのふしぎな旅』新価格版DVDが発売

押井守氏が各話演出を担当した『ニルスのふしぎな旅』のDVDが、新価格設定で再度発売されることになった模様。BOXのほかに、単品DVDシリーズでも出るようです。

鵜之澤伸氏がホストを勤める番組に押井氏が出演。5分ほどと短いですが、押井監督はしばらく登場するようです。

これにあわせて『ガルム・ウォーズ』プレゼントキャンペーンも。

熱海を題材にした怪獣作品をいくつか挙げ、その中で「あんまり言いたくないけど」としつつ実写版『THE NEXT GENERATION パトレイバー』でも、熱海に怪獣が現れたことについて触れています。どういう意味で「あんまり言いたくない」のか……。

実写映画版『攻殻機動隊』のコンセプトアート集が2017年に発売。製作の裏話も知れるかも?|ギズモード・ジャパン

『The Art of Ghost in the Shell』では映画製作の舞台裏も描かれており、いかにして監督のルパート・サンダース氏は漫画原作の映画化を引き受けたのか、いかにしてプロダクションデザインは士郎正宗の名作漫画と押井守の名作アニメに命を吹き込むために、日本の伝統的スタイルやデザイン技術にSFを織り交ぜたのか、なども記されています。

なお、本書の前文はWETA Workshopの創設者で代表、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでもおなじみのクリエイター、サー・リチャード・テイラー氏が担当。

現在日本語版の発売は未定ですが、Amazonで英語ハードカバー版の予約が可能となっています。

映画『ゴースト・イン・ザ・シェル』公式サイト 2017年4月ロードショー

日本で行われたイベントのダイジェスト映像なども。IMAX 3Dで公開とのこと。

「天使のたまご 少女季」復刻

『天使のたまご 少女季 [2017 ver.](天野喜孝 あらきりつこ 押井守)』 販売ページ | 絶版・レア本を皆さまの投票で復刻 復刊ドットコム

絶版になっていた(とはいえ古本などで入手は比較的容易だったと思いますが)『天使のたまご』のイラスト集『少女季』が復刊ドットコムで「2017 ver.」として復刊されるとのこと。復刊ドットコムで予約すると、オリジナルポストカードが付くそうです。

オリジナル原画から制作した貴重な印刷データを使用し、美麗な画質と、堅牢な造本のままに復刊。
しかも--- 巻末に、天野喜孝氏の新規コメントを収録予定!
どんな内容の増補になるかは、本を開いてのお楽しみ。

押井守監督は、この15年で何を見て感じてきたのか?ーー『ガルム・ウォーズ』監督インタビュー

──今商品の映像特典にある『G2.5』(2009年)は、『ガルム・ウォーズ』とどんな関係があるですか?

『G2.5』というのは、『スカイ・クロラ』が終わったあとに何をやろうかと考えているところで、『G3.0』をすることが決まり、その予備作業として始まったんだよ。ただ、これが結構大変だった……5分程度のフィルムだけど、1年近くかかった。人間を丸ごとコピーしようとしたんだよね。モデルさんを口の中までスキャンしたんだよ。音響は、スカイウォーカー・サウンドまで行ったしね。向うのスタッフも、喜んでたよ。その反響をみてると、「これは凄いものができたのかな」って思ったんだけど、日本ではコテンパンに叩かれた。
そんな状況から「何をすればいいんだ?」となって、そこでCGを使った『サイボーグ009』の映画の企画が始まった。これまた1年以上やっていて3分のパイロットを作ったけど、また百叩きに会う。仕方ないから降りて、その後は神山(健治)がやったんだけど(『009 RE:CYBORG』2012年)。その後、バンダイナムコから企画依頼を受けて、「あんたのところでやるはずだった作品があるじゃないか」と、『ガルム・ウォーズ』を提案した。流れでいうと『ガルム・ウォーズ』の再始動は『G2.5』から始まったといえるね。

Blu-ray豪華版の映像特典についてなどの話も色々と出ております。

以前予告されていた東京国立近代美術館フィルムセンターで1月に行われる“自選シリーズ 現代日本の映画監督5 押井守”の情報が更新された。

自選シリーズ 現代日本の映画監督5 押井 守

上映作品と日時、またトークイベント(1月10日と21日)の情報が公開されている。

アニメーションのアカデミー賞などとよく言われるアニー賞の2016年度(第44回)ノミネート作品が発表されたが、同時に審査員賞として、日本では生涯功労賞などとも言われるウィンザー・マッケイ賞Dale BaerCaroline Leafと共に、押井守が受賞することが発表された。同賞は毎年複数人が受賞しており、現段階で押井氏の受賞が確定した形となる。

同賞は、アメリカ人アニメーション・コミック作家のウィンザー・マッケイにちなみ、アニメーション業界に大きな貢献をした人物に与えられる賞として1972年より制定されたもので、日本人の受賞は川本喜八郎手塚治虫宮﨑駿大友克洋高畑勲に続き6人目となる(なお一部で「押井守は5人目」と書かれているが、高畑勲氏は第43回で受賞しているはずなのに、アニー賞公式サイトのWINSOR MCCAY AWARDのページに名がないためこのような混乱が発生していると思われる)。授賞式は2017年2月の予定。