実写版『人狼』製作中!ワーナー・ブラザース・コリア代表が実現 – シネマトゥデイ

画像などはありませんが、韓国で実写映画化が進んでいる『人狼 JIN-ROH』の続報が届いてきました。

 日本文化に強い興味を示し、度々プライベートでも来日しているというキム監督が、日本の制作サイドの許諾を得て実写映画化を企画。2013年には釜山国際映画祭の企画マーケットに参加し、出資者を募っている。チェ氏は「実は企画開発は4年半前から行っていました。その間、(韓国の大手映画会社である)CJエンタテインメントやSHOWBOXにも企画が行ったり来たりしたのですが、実現しなかったんです」と説明する。

 その最大のネックが巨額の製作費だったという。『密偵』の3~4割増しとなる約200億ウォン(約20億円。1ウォン=0.1円換算)。しかし『密偵』が観客動員750万人、興行収入約5,480万ドル(約60億円。1ドル=110円換算。韓国映画振興委員会調べ)を達成し、2016年の韓国興行収入ラインキング4位となる好成績を納めたことが決め手となり、米国本社からもGOサインが出たようだ。主演は現在、『MASTER マスター』が公開中のカン・ドンウォン主演で、今夏より撮影している。

 チェ氏「ワーナーはクリントン・イーストウッド監督しかり、一度成功した監督と引続きパートナーシップを結ぶという伝統があります。キム監督は盟友であり、『人狼 JIN-ROH』を手がけるのは、わたしにとっても昔からの宿題でしたから」とキム監督をサポートする理由を語った。

攻殻機動隊 PERFECT BOOK 1995→2017』の英語版『Ghost in the Shell README: 1995-2017』が発売されていました。それにあわせて、いくつか内容(監督鼎談)を紹介した記事が出ています。

'Ghost In The Shell' Anime Director Opens Up About Scarlett Johansson's Casting
'Ghost In The Shell' Anime Directors Finally Address Its Hollywood Adaptation

日本語版が出版されたときは、こんな記事は全く見なかったんですが……実写映画版公開後ということで再注目されているのでしょうか。鼎談が実写映画公開後に行われたように勘違いしているようにも見えます。

しかし私が日本語版を執筆させて頂いているときから「これ、どうやって英訳するんだ?」と思っていたところが多数あるので、英語版はどうなっているのか気になります。

押井守監督と『AIの遺伝子』作者の対談

「AIは魂を持つのか? ゴーストが宿るのか?」押井守(映画監督)×山田胡瓜(漫画家・『AIの遺電子』作者)特別対談

押井守監督と、漫画『AIの遺伝子』の作者、山田胡瓜氏の対談が掲載されております。

TV シリーズ うる星やつら Blu-ray SET1 <スペシャルプライス版>
TV シリーズ うる星やつら Blu-ray SET2 <スペシャルプライス版>

押井守氏が、初にして唯一のTVシリーズ監督(チーフディレクター)を務めた『うる星やつら』(押井守氏は218話のうち129話までを担当)の、TVシリーズのBD-BOXが“スペシャルプライス版”として12月20日に発売されることになりました。

ちなみに押井氏とは関係ありませんが、TV シリーズ めぞん一刻 Blu-ray SET<スペシャルプライス版>も同時発売されます。

押井守がジブリを語る本、出版

誰も語らなかったジブリを語ろう

世界のアニメーションに影響を与えた“スタジオジブリ”を、これまた世界中からリスペクトされる監督・押井守が語り尽くす。スタジオジブリの劇場公開作を振り返りつつ、「これまでのジブリ、これからのアニメーション」まで縦横無尽に語った痛快&ディープなインタビュー。<目次>第一章 矛盾を抱えた天才 宮崎駿/第二章 リアリズムの鬼 高畑勲/第三章 ジブリ第三の監督たち/第四章 小さな巨人――スタジオジブリ カバーイラスト/湯浅政明

押井守監督がジブリやジブリ作品について語った話はあちこちにありましたが、それのみの本というのは初めてのはずです。10月20日発売。

ひとまず、信じない - 情報氾濫時代に生きるボクたちへ』という押井守監督の本が11月8日に発売されるとのことです。

鬼才・押井監督によるメディア論、映画論、広い読者に生き方の指針を送る幸福論。ビジネスパーソンが組織を生き抜く上で参考になる方法や、一般読者が生きる上で必要となる「教養」を獲得できる、押井哲学の神髄。

押井守監督と、実姉で舞踊家である最上和子の対談本『身体のリアル』が10月に発売されるとのことです。二人の対談は今まで何回か行われたことはありますが。Kindle版も同時発売されております。

最上和子氏は『私の身体史』というKindle本も自費出版しております。

佐藤大輔の征途 - 愛蔵版に押井守コメント

2017年3月に死去した佐藤大輔氏の小説『征途』上・中・下巻がセットになった愛蔵版が発売されますが、その中巻に、文庫版で掲載されていた押井守監督のコメントが再録、またSFマガジンに掲載された押井氏による追悼インタビュー「小説を読むかぎり、佐藤大輔はそこにいる」が掲載されるとのこと。9月20日発売予定。

★フランスの伝説的 映画・映像・メディア作家クリス・マルケルの代表作が高画質・高音質で初Blu-ray化! 後にテリー・ギリアム監督の『12モンキーズ』(1995)の原案となったことでも知られる本作。
このBlu-rayは2013年にオリジナル・ネガからデジタル修復されたマスターを使用、先行して米でリリースされていたクライテリオン版よりも美しい画質、音質で楽しめる!

★日本語吹替版をBlu-rayのために新録音。ナレーターは『攻殻機動隊』『イノセンス』のバトー役でおなじみ大塚明夫!

★『ラ・ジュテ』に出会わなかったら、映画監督にはなってなかった」ーーこの作品の「呪い」が未だに解けないという押井守監督の語り下ろしインタビューを掲載! さらに東京国立近代美術館フィルムセンター主任研究員で昨年の著書「映画という《物体X》フィルム・アーカイブの眼で見た映画」が《キネマ旬報 映画本大賞2016》で第1位に輝いた岡田秀則氏の解説原稿も含めた、20ページ濃厚ブックレット封入!

というわけで、『ラ・ジュテ』デジタル修復版BDブックレットに押井守監督のインタビューが掲載されるそうです。発売日は12月8日。

アニメの押井版・神山版で草薙素子を担当し、実写版でも少佐の吹き替えを担当した田中敦子氏が『ゴースト・イン・ザ・シェル』について語っています

あちこちで同じようなことを聞かれて大変だろうと思いますが、押井守監督が実写版『ゴースト・イン・ザ・シェル』について語っています