実写版『GHOST IN THE SHELL』のティーザートレイラーが公開されました。映像は10秒と短いのが5本です。押井守版『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』の導入場面をオマージュしたのであろう映像や、神山健治版『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』第1話の料亭を連想させる場面なども。北米公開は2017年3月31日。

押井守と笠井潔の対談本が発売

創造元年1968

文学、メシ、暴力、エロ、SF、赤軍、ゴジラ、神、ルーザー、攻殻、最終戦争……、〈1968年〉。
あの時代、同じ空気を吸っていたクリエイター二人が、当事者として語る貴重な時代の証言と“創造"の原風景、そしてそこから逆照射される〈今〉。あれから、半世紀をへた、この国とTOKYOの姿を、徹底的に語り尽くす。

押井守監督と、作家の笠井潔氏との対談本が9月30日に発売されるとのことです。

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(1) (ヤングマガジンコミックス) Kindle版
攻殻機動隊S.A.C. タチコマなヒビ(1) (ヤングマガジンコミックス) Kindle版
攻殻機動隊ARISE ~眠らない眼の男 Sleepless Eye~(1) (ヤングマガジンコミックス) Kindle版

現在上記の本、Kindle版の各1巻が無料ダウンロード可能、しかも期間限定試し読み形式ではありませんので、ダウンロードしておけばいつでも読めます。いつまで無料ダウンロード可能なのかは不明なので、とりあえず購入処理しておくのがいいでしょう。

また、攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX ~The Laughing Man~(1) (ヤングマガジンコミックス) Kindle版も99円と特価セール中になっています。

もう何度も何度も、数えるのが馬鹿馬鹿しいくらい繰り返されてきたのですが。

プーチン露大統領:北方領土問題で妥協点見いだせる-インタビュー

タイトルでは交渉が進むかのように見せておいて、本文中のプーチンの発言、

同大統領は1956年の日ソ共同宣言によって4島をめぐる対立はほぼ解決していたものの、「日本側がその順守を拒否し、その後ソビエトが基本的に無効にした」ことで状況が変わったと指摘。

この発言を無視しています。要するにこの共同宣言での「平和条約締結後に、歯舞群島と色丹島を引き渡す」ということはない、つまり「2島だけでも返還するつもりはない」と言っています。さらにプーチンは過去にも何度も「クリル諸島(千島列島)は、第二次大戦の結果ソ連(ロシア)の領土になったことを認めるべきである」と日本に要求しています。

なぜか日本とロシアの“北方領土交渉”では(実際には交渉というレベルですらないと思いますが)いかにも「進展するぞ」という煽りをつけたような見出しのニュースばかりです。そのほうが「お、いよいよか?」と思って視聴者に見てもらえると思っているからでしょうか? ですが真実は全く逆です。プーチンは島を日本に返す気は全くありません。彼が欲しいのは、日本からの北方領土などへの投資だけです。

『ガルム・ウォーズ』のBD/DVDが12月14日に発売されると発表された。

【Amazon.co.jp限定】ガルム・ウォーズ Blu-ray豪華版(オリジナルA3ポスター付)
ガルム・ウォーズ Blu-ray豪華版(amazon.co.jp)
ガルム・ウォーズ DVD(amazon.co.jp)
ガルム・ウォーズ 豪華版【Blu-ray】(楽天Books)
ガルム・ウォーズ(DVD)(楽天Books)

THE NEXT GENERATION パトレイバー/シリーズ全7章 Blu-ray BOX<スペシャル・プライス>
THE NEXT GENERATION パトレイバー/シリーズ全7章 DVD BOX<スペシャル・プライス>
【Amazon.co.jp限定】THE NEXT GENERATION パトレイバー/シリーズ全7章 Blu-ray BOX<スペシャル・プライス>(オリジナルアクリルキーホルダー付き)
【Amazon.co.jp限定】THE NEXT GENERATION パトレイバー/シリーズ全7章 DVD BOX<スペシャル・プライス>(オリジナルアクリルキーホルダー付き)

実写版『THE NEXT GENERATION パトレイバー』全7章(全12エピソード、劇場長編は含まれず)がセットになったBDおよびDVDのBOXが12月2日に発売されます。またこのエピソード12「大いなる遺産」では『THE NEXT GENERATION パトレイバー/第7章 ディレクターズカット』(51分)ほか新規特典を収録という、今まで単巻で買って揃えてきた人間は「何じゃそりゃ!?」と叫びたくなる仕様になっています。Amazon.co.jp限定版では、オリジナルアクリルキーホルダー付きとのこと。

「西尾鉄也画集」は『NARUTO ‐ナルト‐』をはじめ、『NINKU ‐忍空‐』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』『人狼 JIN-ROH』『攻殻機動隊』等々、西尾鉄也が描いたアニメーション作品のイラスト(宣伝用イラスト、Blu-rayパッケージ用イラスト、雑誌掲載用イラスト等)の大半を収録した書籍である。 さらに一部の作品のキャラクターのデザイン画や原画、あるいは未発表の企画用デザイン等の制作資料も掲載。また、アニメ以外の分野のイラストまでも網羅。 A4変形(縦297ラ横220ミリ)、336ページの大ボリュームだ。 『NARUTO ‐ナルト‐』『スカイ・クロラ The Sky Crawlers』等のキャラクターデザインで知られる西尾鉄也。言うまでもなく、彼は日本を代表するアニメーターの一人である。本書籍は西尾鉄也の初めての作品集であり、彼の仕事の集大成とも言える1冊だ。

9月26日発売、既に予約が始まっておりました。

R2-D2と小人症と差別(追記文章あり)

8月13日、『スター・ウォーズ』シリーズにて、ドロイドであるR2-D2の中に入りR2-D2を動かしていたケニー・ベイカー氏が死去しました。

京都精華大学の押井守・若林和弘対談

押井守監督が語る日本アニメーションの 「あの頃」と「これから」 | 京都精華大学

『うる星やつら(スタジオぴえろ→スタジオディーン・1981~1986)』『GOHST IN THE SHELL / 攻殻機動隊(Production I.G・1995)』『機動警察パトレイバー(スタジオディーン・1989)』……後続の世代に大きな影響を及ぼした伝説的なアニメーションから、『紅い眼鏡 The Red Spectacles(1987)』をはじめとする実写映画まで。虚構性をテーマに実験的な作風で日本の映像表現をリードしてきた押井守監督。同氏の作品に音響監督として関わってきた若林和弘先生(本学アニメーション学科教員)を聞き手に、駆け出しから若手だった「あの頃」、そして「これから」を語っていただきました。

『スカイ・クロラ』をやってアニメの仕事が来なくなった話とか、これからのアニメーションは昔の地味な世界に戻ります。それでもなお、アニメをやりたいんだって人じゃないとたぶん無理だと思う。とか。

機動警察パトレイバーREBOOT公式サイト

既に旧聞になっており(多分)押井氏も直接は関係していませんが、一応書いておきます。新作アニメ『機動警察パトレイバー REBOOT』が、新スタッフで作られ、公開・販売されることになりました。といっても10分間の短編映像ですが。公式サイトでは、予告動画も公開されています。