押井守とAIなどに関する記事 2つ

Twitterのほうで上げていましたがこちらに上げ忘れていたので、旧聞も含みますが紹介しておきます。

機械による人類の新たな進化はどこへ向かうのか ~豪華メンバーが議論、京セラ「異種格闘技戦 2019」レポート

 押井氏は、「ある時期までは人間を革新することに興味があった」という。「宗教もイデオロギーもだめだったが、もしかしたら技術は人間を革新する余地があるかもしれない。でもわからなかった。だから『攻殻機動隊』も曖昧な終わり方になっている」と述べた。

 だが続編の『イノセンス』の頃から人間の運命に興味がなくなったという。むしろ生き物として失敗だったのではないか、そしてそのダメな人間が、自分たちの後継者として何を作り出すかに興味がシフトしたという。だから「ポストヒューマン」だというわけだ。

 押井氏は「人間の次に来るものに、ある種の期待感を持っている。それが人間のなせる最後の仕事ではないか」と考えており、だから「AIと人間とを比較してどうこうといった議論には興味がない」し、「人間ではないもの、ある種の合理性の先に出てくるもの」に興味があり、人間には理解できないものを目指すべきだと語った。

 1つ目のステップとしては人間以外の動物に目をむけるべきで、彼ら、たとえば犬に近づくことに興味があるとし、押井氏自身は「犬とつながってみたい」と語った。犬のような人間以外のものと生を共有し、見えない尻尾を持ち、犬として世界を見てみたいと語った。そして「人間ではないものを生み出せるのは科学だけ」であり「科学に最後に課せられたのは人間に役に立たないものを作り出すことなんじゃない」と述べた。

「攻殻機動隊」の押井守が語る「日本人は進んで未来を捨ててきた」

 かつてのソニーやホンダみたいな、技術というものを面白がる企業って今はほとんどない。眼前の状況への適応に特化することで、最大の利潤を引き出そうというあり方に、ほとんどの日本企業が移行しちゃったんですよ。企業である以上、利益をまず出さなきゃいけないとか、最小のコストで最大の利潤を引き出すにはどうするかといった発想は、一見すると正しく見える。

 でもちょっと考えればすぐ分かるように、この発想じゃ中長期的には右肩下がりになるに決まっている。スティーブ・ジョブズがやったような、世の中に合わせるんじゃなくて、自分が生み出すものが世の中を変えていくっていう発想と全く逆を日本企業はやっているんだもん。

「パトレイバー30周年突破記念展」後藤隊長役・大林隆介さん&シバシゲオ役・千葉繁さんトークイベントレポート - GIGAZINE

8月11日に開催された、“機動警察パトレイバー30周年突破記念展”での大林隆介氏(後藤隊長役)と千葉繁氏(シバシゲオ役)のトークショーのレポートが掲載されています。なおこのトークショーは、少々先ですが10月10日にニコニコchにて配信予定とのこと。

「押井さんってどんな人?」と質問を振られた千葉さんは「40年近く付き合っていますが、いまだにわかんない人ですね」と返答。押井監督からは突然「面白いこと考えてるんだけど、どうかな」と電話があり「スケジュールが合えばOKですよ」と応えるとやがて製作会社から正式にオファーがあって仕事をする、ということがある一方で、仕事以外で一緒に飲みに行ったりごはんに行ったりはしないため、仕事が終わると10年ぐらい平気で会わないこともあるそうです。

amazonでは引き続き、イベントなどで販売されていたパトレイバーグッズが扱われています。

『セラフィム 2億6661万3336の翼 《増補復刻版》(押井守・今 敏)』 販売ページ | 絶版・レア本を皆さまの投票で復刻 復刊ドットコム

原作(連載途中から原案)押井守、作画今敏による、未完の漫画『セラフィム 2億6661万3336の翼』ですが、2010年に一度未完のまま単行本化されておりますが、この度2019年10月に《増補復刻版》として発売されるとのこと

以前押井氏に『セラフィム』について伺ったところ「あまり多くを語りたくない(苦笑)」「描き手とケンカしてやめたってこと、それに尽きる」と語っていました。ですが今回の《増補復刻版》では、連載終了後から24年、押井守が初めて今敏を語った本音のインタビューを収録ということで、押井氏が重い口を開いた内容が新たに掲載される、ということらしいです。

押井守の人生のツボ | 徳間書店

徳間書店より、著・押井守、編集・渡辺麻紀による本『押井守の人生のツボ』が8月8日に発売されます。『押井守の人生相談』というタイトルの予定だったみたいですがこのタイトルになりました。ですが内容は文字通り人生相談の模様。

鬼才監督・押井守があなたの悩みに切り込みます! 時に刺激的、時にユーモラスなアドバイスが光る目からウロコの人生相談本!!

仕事、友だち、家族、人生などにまつわる悩みを押井守が一刀両断!? 自身の体験と思索の日々に裏付けされた、時に刺激的、時にユーモラスな押井流アドバイスに、あなたの価値観が変わること間違いなしの1冊です。

そういえば8月8日は押井守監督の誕生日でした。

シネフィルWOWOWにて“戦争映画特撮術”という特集が行われ、バトル・オブ・ブリテンを描いた1969年の映画『空軍大戦略』が8月25日に放送。そして“第二次大戦における、日本軍による真珠湾攻撃が今まさに行われようとしている1941年12月に、F-14トムキャットジェット戦闘機などを艦載した現代の(撮影当時なので1980年)原子力空母ニミッツがタイムスリップする”という1980年の映画『ファイナル・カウントダウン』が9月29日に放送されるのですが(共に再放送もあり)、それらの副音声(コメンタリー)に押井守氏、上坂すみれ氏、岡部いさく氏が登場するとのこと(番組前後には映像でも出演)。作品に関連する航空機のプラモデルと、3方のサイン入り色紙がセットになったプレゼント企画もあります。

押井守氏は、ここでは言うまでもないミリタリーマニアであり、『スカイ・クロラ』というレシプロ戦闘機の映画を作っております。岡部いさく氏も言うまでもない軍事評論家で、さらに“フォースの英国面”(イギリス軍に変な兵器が多く、その魅力に取り憑かれること)に落ちているイギリス軍好きであり『世界の駄っ作機 番外編―蛇の目の花園』という本も書かれています。上坂すみれ氏は声優ですが、声優界きってのミリタリーマニアとして知られています(一番好きなのはソ連/ロシア軍)。

押井氏と岡部氏の対談は何度も行われておりますが、そこに上坂すみれさんが加わるとどうなるのか非常に興味深いところ、ぜひ放送だけでなく何かの媒体として残して欲しいです。

機動警察パトレイバー×とまこまい港まつり特別企画詳細を発表|株式会社ジェンコのプレスリリース

「機動警察パトレイバー」シリーズ、誕生から30周年突破記念として、とまこまい港まつりにて特別企画を実施。8月2日(金)~8月4日(日)/とまこまい港まつり

プロジェクト発足から今年で30周年を突破した『機動警察パトレイバー』。本作の主人公である泉野明の生誕の地、北海道苫小牧にて開催される、とまこまい港まつりにて特別企画を行います。

こちらは8月4日にゆうきまさみ氏と高田明美氏のトークショーが行われるとのこと(前売り券は7月10日より発売)。『ミニパト』の西尾鉄也氏作画による『パトレイバー』オリジナルグッズ販売もあるそうです。

「機動警察パトレイバー」シリーズ、誕生から30周年突破記念として大阪で展示イベントを開催!|株式会社ジェンコのプレスリリース

「機動警察パトレイバー30周年突破記念展~30th HEADGEAR EXHIBITION featuring EARLY DAYS─PATLABOR THE MOVIE ~in 大阪」を8月7日(水)~8月19日(月)/大阪南港ATCにて開催。

2018年末に池袋で行われた「機動警察パトレイバー30周年記念展~30th HEADGEAR EXHIBITION~」を大阪南港ATCホールへ会場を移し「30周年突破記念」として開催いたします。

こちらは『機動警察パトレイバー the Movie』を中心とした、イラストの原画やジオラマの展示などが行われるとのことです。

しかし苫小牧、(少なくとも私が行ったときには)フェリーの港があるくらいで何にもない町だったので、町おこし必死という感じが……(ほとんど作中にも出てないのに)。

amazonでは、新しいパトレイバーグッズがいくつか入荷、もしくは再入荷していました。

TOKYO MXにて放送される『北野誠、濱口優のこれからMUSIC』7月12日 1958時放送分に、「『ぶらどらぶ』製作記者発表会」及び、同アニメの公式アンバサダーユニットとなった“BlooDye”のファンミーティングのもようが放送されるとのこと。

どれくらいの時間扱われるのかなどは不明ですが、番組の趣旨的に“BlooDye”のほうが扱いが大きくなりそうな気もします。

佐伯日菜子、育児のため女優業をセーブ。10年待ってくれた押井守監督の一言に感動|ニフティニュース

真・女立喰師列伝』『アサルトガールズ』で“ケンタッキーの日菜子”として出演した佐伯日菜子氏のインタビューで、押井守監督について言及されています。

押井守・大友克洋監督 アカデミー賞新会員に招待 ガガ様も 女性半数 - 毎日新聞
米映画アカデミーが新会員を発表。日本からは大友克洋、押井守ら(猿渡由紀) - 個人 - Yahoo!ニュース

押井守氏が会員になるかどうかは本人の意思次第なのでまだわかりません。ですがアカデミー会員になると、アカデミー賞での投票権を得ることができます。

 アカデミーによると、辞退者がいなければ会員総数は8946人になる。アカデミー賞は2016年に2年連続で演技部門の候補者が全員白人だったことから、白人男性が中心の会員構成への批判が高まり、多様性を意識した改革を進めている。今年の新会員のうち白人以外は29%。また、会員全体では女性が32%、白人以外は16%で、2015年の女性25%、白人以外8%と比べると、いずれも割合が増加している。

上記にあるように特に今回は、「白人以外の人種を増やす」というかなり政治的意図の強いもののようですが。さらにアカデミー賞授賞式や作品選定も以前から、商業主義に走っているとよく言われています。

押井守総監督による新作アニメが、“いちごアニメーション”で制作されるという発表は5月に行われておりましたが、その新作アニメのタイトルが『ぶらどらぶ』、吸血鬼の少女と女子高生が巻き起こすドタバタコメディーの物語として2020年春にシリーズアニメとして放映されると発表されました(ネット配信かTV放映かは不明とのこと)(情報及び個人的な補足を追記しました)

Kindleでの押井守監督の本の安売りはちょこちょこやっており、Twitterのほうで紹介はしていたのですが、ちょっと特殊なのが始まったので。
現在、【Kindle本ポイント還元キャンペーン】 2冊で10% 3冊で15% 5冊で20%というキャンペーンが始まっており(2019年6月23日 日曜日まで)、このキャンペーンに登録してから2冊以上のキャンペーン対象Kindle本を購入すると、一定のポイントが還元されるそうです。それで、そのキャンペーン対象本に、『ケルベロス 鋼鉄の猟犬』『勝つために戦え!〈監督ゼッキョー篇〉』など押井守監督関連の書籍が複数含まれています。さらにその中で幻冬舎の本は、このキャンペーンとは別に50%ポイント還元が1冊から既についております(期限は不明、また双方のキャンペーンのポイントが重なる形で購入した場合の計算方法も不明)。もちろん押井守監督関連以外の書籍もセール対象に多数含まれております。
Kindleは新型のOasisリーダーが予約受付開始したというのもあるので、この機会にいかがでしょう。もちろんKindle書籍は従来通り、Kindle専用端末だけではなく、無料のスマートフォン用リーダーPC用リーダーで読むことも出来ます。
とりあえずキャンペーン対象として発見した押井守氏の書籍ですが、

この他に、押井氏が直接書いたものではないですが関連書籍として、以下がキャンペーン対象に入っています。最初に“キャンペーンに参加する”を忘れないように。あとこれらのキャンペーン情報はあくまで6月21日段階のものですので、実際の内容についてはご自身で確認することをお忘れなく。