サイト高速化のため、8月12日(金)深夜にメンテナンスを行う予定です。メンテナンス中は“野良犬の塒”全ページへのアクセスができなくなります。あらかじめご了承ください。

【押井守監督VTR出演】8/21(日) 第 4 回【パトレイバー塾】 開催!テーマは「パトレイバー世界のハッキング」

『機動警察パトレイバー』を現実に照らし合わせて取り上げるWebセミナー“パトレイバー塾”の第4回目、テーマは“ハッキング”とのことですが、こちらに押井守監督がVTR出演するとのこと。

押井守監督がVTRで出演!

当塾モデレーターの森ビル矢部俊男氏と、PC普及開始当時ならではの「『機動警察パトレイバー』という作品自体を“ハード”とみなし“ソフト”(テーマ)のアップデートを前提とする」世界観の設定や、現実とフィクションのバランスのとり方「ロボット操縦における有人化の理由は技術的要請でなく政治的要請から」などパトレイバーファン必聴な内容を語って頂くと同時に、当塾のテーマでもある街づくりについても、『機動警察パトレイバー the Movie』、『機動警察パトレイバー2 the Movie』のテーマの一部である「都市」「東京」「戦争」をキーワードに語って頂きました。「あの頃のテーマは戦争に耐えうる街とはどんな街か」「東京という街に読みかえてみたら何が起こるか興味があった」と語る押井守監督が考える 過去・現在の 東京と、これからの都市の姿、その深い考察をぜひご堪能ください。

とのことで、押井氏による話は“ハッキング”だけではなく“東京”などについても触れられるとのこと。“東京”についてはもう掘り尽くされた話のような気もしますが。

生配信の日時は2022年8月21日1500時~1700時予定、アーカイブによる視聴も可能の予定。視聴チケットは一般が2,000円、パトレイバーファンクラブ会員専用チケットが1,000円などとなっております。

ところでVTRってvideotape recorder、要するに“磁気テープ保存機器”の略なので、映像技術史から生まれた言葉の名残と言えるでしょうね。若い人には「『巻き戻す』という言葉などの意味が通じない」ということがあるらしいですが……。

このサイトで書くべきことかなと思ったのですが、正直なことを言うと最近ネタが少ないので。

押井守監督は関与していないのですが、『機動警察パトレイバー』シリーズの新作とされる『機動警察パトレイバーEZY』の“パイロット映像”が、8月13日に開催される機動警察パトレイバー公式ファンサイトのイベントを皮切りに公開され、その後『パトレイバー』のイベントで公開されていくとのことです。キービジュアルは既に公開されております。

amazon.co.jp 【機動警察パトレイバー】キャラクターブック01 SIDE:ENEMIES
amazon.co.jp 【機動警察パトレイバー】キャラクターブック01 SIDE:ENEMIES (特典(内海アクリルスタンド))
amazon.co.jp 
【機動警察パトレイバー】キャラクターブック01 SIDE:ENEMIES (特典(黒崎アクリルスタンド))

Twitterではもう紹介しましたが、ジェンコより『機動警察パトレイバー』の敵キャラに焦点を絞ったキャラクターブックが発売されるとのことです。内容は、コミック版・TVアニメ版に登場する内海や黒崎、バドといったシャフト・企画7課の面々が中心のようですが、初期OVA版の甲斐、劇場版1作目の帆場、劇場版2作目の荒川、柘植といった人物も取り上げており、押井守氏のインタビューも掲載されています。しかしジェンコは徹底的に過去資産を食い尽くしますね。こちらの本にはアクリルスタンド特典付きもあります。COVID-19の影響で、衝立としてのアクリル板が大量に生産された影響でしょう、アクリルスタンドはアニメグッズとしてすっかり定番になりました(代わりにフィギュアは値段が高くなってかなり減った感じです)。

Amazon.co.jp 映画の正体 続編の法則

最近何が本職かだんだん判らなくなってきた押井守監督の新著、映画の正体 続編の法則が7月15日に発売されます。『うる星やつら2 ビューティフルドリーマー』『機動警察パトレイバー2 the Movie』などの“続編映画”で注目を集めた押井監督が“続編映画”について語っているとのこと。

押井守監督が続編、シリーズもの、リブート映画を通じて映画の正体に迫る 書籍『映画の正体 続編の法則』が2022年7月15日に発売!|株式会社インプレスホールディングスのプレスリリース

 2020年刊の前著『押井守の映画50年50本』では「1年1本縛り」で語るべき作品をセレクトし、現在の視点からの解析を施した押井守監督。今作では「続編」をテーマにすることで、また別の角度から映画について語り思索を深めていきます。人はなぜ続編映画を作り、シリーズものを見に行き、あまつさえリブートを企画するのか。自らを続編監督と自認する押井守監督が、その秘密に迫る注目の1冊です。

「はじめに」より
そういう意味では商業映画は常に、表現行為と経済行為という矛盾する2つの要素で成立するんだよね。何をいまさらと思うかもしれないけど、その矛盾が顕在化しやすいのがパート2でありシリーズなんだよ。だからこそ語る価値がある。だけど、矛盾する2つの要素のバランスを確かめるために映画館に行くような人間はいないわけだ。映画を商売にしている人間や、映画の正体に近づきたいと思っている人間は別だけど、一般観客はそんなことは気にしない。では、観客は何を期待してパート2やシリーズを見に行くのか?

気がつけば興行収入ランキングの上位を占めるのは続編映画ばかり。そんな時代だからこそ、続編映画を通して映画の正体に近づいていきたい。人はなぜ続編映画を作り、シリーズものを見に行き、あまつさえリブートを企画するのか。自らを続編監督と自認する押井守監督が、その秘密に迫ります。

CONTENTS
第1章〈リドリー・スコットの悪意〉
第2章〈ジェームズ・キャメロン唯一の正当な続編映画〉
第3章〈クリストファー・ノーランとザック・スナイダーで考える「続編監督」の資質〉
第4章〈スティーヴン・スピルバーグはパート2映画を発注する〉
第5章〈マイケル・ベイと大作映画の相性の悪さ〉
第6章〈パート2映画を最大限に活用したギレルモ・デル・トロ〉
第7章〈ハリウッド版『ゴジラ』と国難映画〉
第8章〈シンプルさに振り回された『ダイ・ハード』というけったいなシリーズ〉
第9章〈最長寿シリーズ『007』とリブートの面白さ〉
第10章〈『猿の惑星』が描く動物と人間の垣根〉
第11章〈続編を作らない宮崎駿〉
第12章〈観客論〉

物凄く簡単なことを言えば作る側は続編映画はある程度の確実なリターンが見込めるので、投資されやすいということなのでしょうし、観客も安定したものを求めるというところでしょうが。押井守監督自身は自分の続編映画(『うる星やつら2』『パトレイバー2』『イノセンス』)について、要約すると「1作目は原作に忠実に作っているが、2作目となると自分のフィールドで勝負するしかない」ということを発言しています。『攻殻機動隊 PERFECT BOOK 1995→2017』の発言より……ってこっちの本、値段が跳ね上がってる!? 話が逸れますけどこの攻殻の本はライターとして私が参加させてもらい、私の実質的な最期の仕事として墓石、墓碑銘にすべく色々とやったので、評価されて嬉しいです。

2023年3月17日~22日にかけて新潟市を中心にして『第1回新潟国際アニメーション映画祭』が開催され、押井守氏が審査員長に就任したとのことです。アニメーション映画祭というのは珍しくありませんが、この映画祭の特色は“劇場用、配信用、シリーズの区別なく長編商業アニメーションに特化”ということだそうで。

いつのまにか『セラフィム 2億6661万3336の翼 《増補復刻版》 』の電子書籍版が発売されていたのでお知らせします。

この漫画は、原作押井守氏、作画を今は亡き今敏氏が担当。月刊アニメージュに連載され、連載開始時は表紙になったほどで、アニメージュ編集部は『ナウシカ』同様に将来のアニメ化も見込んだ力を入れた企画だったと思われます。

ですがこのコンビはうまくいかず、押井氏は“原作”から“原案”になって同タイトルから手を引き、その後今氏の手によって単行本1冊分連載され未完の状態で単行本化され、続きは続刊で……という話になっていたのですが、今氏の死去によって永遠に未完の作品となってしまいました。《増補復刻版》では押井氏が、今氏について語ったインタビューが掲載されています。

押井守氏出演の復刊ドットコム記念イベントのレポート記事

「昭和の白黒テレビ」から「令和のYouTube」まで。
監督・押井守がエンタメ人生70年を語り尽くす!

1951年生まれの監督・押井守が、ほぼ初めてふれたエンタテインメントだと語る『赤胴鈴之助』から、現在ハマっているというYouTubeまで――。約70年にわたって親しんできた映画、TVシリーズ、漫画、アニメなどをその思い出とともに振り返りつつ、戦後日本がエンタテインメントを通じて何を表現し、社会を映し出してきたのかを語ります。

TV Bros.WEBで好評を博した連載に加筆して待望の書籍化!
カバー・挿絵は人気アニメーター&監督の梅津泰臣描きおろし。

というわけで、押井守監督によるエンタメトーク本『押井守のサブぃカルチャー70年』が東京ニュース通信社より5月2日に発売とのことです。この手の本って何冊目だろう。

今は本当に西暦何年なんですかね? 実写版パトレイバー(TNG)が公開されてからけっこう経ったし、新作とされる『EZY』については最初の情報以来、まだ影も形もありません、が……

『機動警察パトレイバー』を総力特集!模型ムック「HJメカニクス11」が3月17日(木)に発売!

1990年代を代表するロボットアニメのひとつ『機動警察パトレイバー』を特集した模型ムック「HJメカニクス11」が3月17日(木)に発売!
昨今MODERIDでのシリーズ展開や、青島文化教材社1/43スケール、そしてBANDAI SPIRITS ホビーディビジョン商品の再販など、『機動警察パトレイバー』のプラモデルシーンが活況を呈しています。

そこで「HJメカニクス11」では、この『機動警察パトレイバー』に登場するレイバーの数々を、プロモデラーの作例でお届けいたします!

というわけで『機動警察パトレイバー』に関する模型のムック本が書籍と電子書籍で発売中。押井守氏によるとパトレイバーは「オモチャが売れなくて」(商業的には)失敗したということだったはずですが……。ジェンコに権利が移ってからひたすら『パトレイバー』関連のグッズが発売されていますけど……。

当サイトがあるレンタルサーバのメンテナンスの影響で、3月29日0500~0800の間、当サイトへのアクセスができなくなる可能性があります。あらかじめご了承ください。

情報が遅くなりましたが、土浦にて行われた「TV-劇パト2+」展で販売されたグッズの通販が行われています。

パトレイバーの魅力を凝縮!「TVー劇パト2展」ブックレット注目の内容 | アニメージュプラス - アニメ・声優・特撮・漫画のニュース発信!

「TV-劇パト2+」展(土浦)は、2022年1月14日~2月13日に土浦市民ギャラリーにて開催された展覧会。TVアニメシリーズ(全47話)、NEW OVAシリーズ、そして劇場版アニメ第2作『機動警察パトレイバー2 the Movie』をテーマに制作資料やイラストの展示を行なわれ、会場には3000名を超えるファンの方が来場、大好評のうちに幕を閉じた。

この「TV-劇パト2+」展の魅力を凝縮したのが、2018年の『機動警察パトレイバー30周年記念展』(池袋マルイ)以降、新シリーズの展示会の度に発売されているメモリアルブック第3弾『「TVー劇パト2展」ブックレット』だ
設定資料や原画、背景美術や新たに発見されたセル画、イラスト&アートワークなど、貴重な資料・図版を中心に構成された内容となっている。小説の挿絵、ポスターデザイン、近年の新規イラストまでフォローされている。
さらに美術監督・小倉宏昌のインタビュー、アニメ編集者/ライター・中島紳介とアニメ評論家・藤津亮太による解説も収録。読み応え十分のテキストは作品世界をさらに深く楽しむためのガイドになるなど、様々な楽しみ方ができる一冊に仕上がっている。