押井守関連書籍が2冊発売

押井守監督が語る映画で学ぶ現代史

「観客には『自分が抱えている不安を、具体化、形象化してほしい』という気持ちがどこかに必ずある」
 押井守監督はそう指摘します。
その時代に生きる人々の「無意識の不安」を探り当てて、エンターテインメントにするのが映画監督の仕事。不安の影を捉えればヒット作になるし、ビジネスにもつなげることができる、と。

 この本で語られるのは、 「宇宙大戦争」 から 「007   ロシアより愛をこめて」「仁義なき戦い」さらには「キャプテン・アメリカ」「ゲーム・オブ・スローンズ」 まで、それぞれの時代をタイムカプセルのように封じ込め、大ヒット(中には渋いヒット)につながった映画とドラマ。第二次世界大戦から令和の世の中に至るまでを、エンターテインメントとして楽しみながら、その作品が作られた時代の背景を学ぶ、 押井守監督 による 「現代史講義」 、開幕です。ひと味違う映画ガイドとしても役立ちます。
 いつもの押井節に乗って、自らの作品 「THE NEXT GENERATION パトレイバー」 についても解題していただきました。押井ファンには 「オシイヌ」 でおなじみ、 西尾鉄也氏 のイラストもたくさん収録しております。
 エンタメ作品で時代を読み解く398ページ、押井節をたっぷりお楽しみください。

押井守のニッポン人って誰だ!?

新型コロナを巡る対応には、“日本人の日本人っぽさ”がよく表れている。
それは、日本人の長所でもあり、弱点でもあり、ゆえに日本人の本質といえるのではないか――。

「コメ」「コトバ」「仏教」「ペリー」「マッカーサー」、そして「新型コロナ騒動」……。 歴史の潮流のなかから、日本人がどのように生き、そしてどこへ向かおうとしているのかを鬼才監督・押井守が独自の視点で語り尽くした、自由で過激でオモシロすぎる<日本人論>。

「日本」なのか「ニッポン」なのか、どっちなんだろう……いえ、どっちが正しいとかそういう問題でなく、「日本」と書くことと「ニッポン」と口にすることの間には、いったいどんな気分の違いがあるのだろうか、とも考えます。そのときの気分に合わせて「日本」とも「ニッポン」とも使い分ける、そういう日本人てのは何なのさ、とも考えます。(中略)あくまでお気楽な読み物として「日本および日本人」について語る本を目指してみました。そういう意味では、「日本および日本人」についての本格的な思索の入門篇の、そのまた入門篇として読んでいただければ幸いです。 ――まえがきより

11月3日&13日『機動警察パトレイバー』イベント開催!<パトレイバー誕生秘話トーク キャスト篇・スタッフ篇>|株式会社ジェンコのプレスリリース

11月3日(火/祝)開催のキャスト篇では、篠原遊馬役の古川登志夫氏・太田功役の池水通洋氏をゲストに招き、出演者の視点から『機動警察パトレイバー』誕生の頃を語っていただきます。
11月13日(金)開催のスタッフ篇では、脚本の伊藤和典氏、プロデューサーの鵜之澤伸氏・真木太郎氏が今明かせる『機動警察パトレイバー』誕生秘話について熱くトークを繰り広げます。

チケットはそれぞれ『機動警察パトレイバー』公式ファンクラブ会員限定リアル参加、ファンクラブ会員向けオンライン参加、一般向けオンライン参加の3種類があり、ファンクラブ向けは公式ファンサイトで、一般向けオンライン参加はeplusで販売が始まっております。

というか関係者はどれだけ話を思い出して新しいことを喋られるのでしょう。あと〈キャスト篇・スタッフ篇〉ということは別の何かもあるということ?

本広克行が「Cinema Lab」立ち上げの経緯語る、押井守は「監督が試される企画」 - 映画ナタリー
押井守監督「高校生のドラマ」に挑戦 監督絶対主義の新レーベルに意欲 - シネマトゥデイ

 「Cinema Lab(シネマラボ)」は、参加監督たちが、日本映画界に多大な影響を与えたATGこと日本アート・シアター・ギルドに着想を得て発起したもの。監督の作家性を最大限に活かす「監督絶対主義」で映画を制作することを主旨とする。第一弾として『踊る大捜査線』シリーズの本広監督による『ビューティフルドリーマー』が11月6日より公開されるほか、今後も参加監督の新作が順次公開される予定だ。

 押井自身は、今回の企画でこれまでやったことがない作品に挑戦したとのこと。「小中さんが今回、最近の映画は高校生の話が多い、(4人の企画は)高校生という縛りでやらないかって。考えてみたら高校生の話をやった経験はアニメを除けばほとんどない。最初はうーん……ってなったけど、思えばちゃんとしたドラマをやったことはない。自分が苦手だったこともあるし、普通にドラマを作るというのをやってみようって。そう考えたらやる気が出てきた」と若者をキャスティングしたドラマ部分に主体を置いた作品になるとコメント。

もう旧聞になりますが(というか私が怠けていただけですが)一応触れておきます。第一弾が『ビューティフルドリーマー』となる新レーベル“シネマラボ”の設立会見が5日に行われました。それはもう、「ここは中国かロシアか」というくらい徹底的な言論統制の中で。

何が言論統制なのかというと、どこのニュースサイトの記事を見ても『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』の文字が全くないこと。予告動画を見た方なら知っての通り、実写映画『ビューティフルドリーマー』にはアニメ『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』をオマージュにした、あるいはほぼまんま再現したカットが大量に登場しておりますが、恐らく配給会社が「この言葉は記事に書かないでください(さもないとお前の会社は出禁にして二度と呼ばんぞ)」という要請(という名の脅し)をかけたのでしょう(日本の配給会社の態度としてはよくあるパターンです)、『うる星やつら』という言葉は全く出てきません。「若い、多くの人に売りたい。少数のオッサン押井守オタクだけが来るようにはしたくない。あとオタクなら勝手にSNSで騒ぐだろう」という宣伝意図があるのでしょう。次の動画内の発言で押井氏が「自分がアニメーションでやったものを……」とさらりと触れただけで、そこを追求するような記事も全く見つけられませんでした。

押井守が本人役で映画に出演、菅田将暉&有村架純W主演の「花束みたいな恋をした」 | マイナビニュース
清原果耶、細田佳央太、オダギリジョーら『花束みたいな恋をした』新キャスト発表 押井守は本人役で出演 | ぴあエンタメ情報

劇中で麦と絹が“神”として評する映画監督の押井守の出演も決定。これまでに様々な作品を生み出してきた押井監督だが、サブカルチャー好きの麦と絹を繋ぐきっかけとなる存在として、本人役での出演を果たした。

押井守氏が本人役で、映画『花束みたいな恋をした』に出演。押井氏の映画への出演といえば、『VHSテープを巻き戻せ!』以来でしょうか、あっちはドキュメンタリーですけど(リンク先、価格が変わってました)。

総監督押井守によるシリーズアニメ『ぶらどらぶ』、絆播貢役の佐倉綾音さんンタビュー動画が公開されました。アニメ公開時期は未だに不明ですが……

まず謝罪します。私が「多分『うる星やつら2』とは関係ない」というようなことを書いたのは間違いでした。11月6日から公開予定の、押井守原案、本広克行監督の映画『ビューティフルドリーマー』の予告動画が公開されました。

もうあのカットもこのカットも『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』の再現、オマージュが大量に散りばめられています。時間があったら比較写真作りたいくらい。冒頭から、あたるっぽい人物の口に入る? と見せかけた戦車の主砲の場面、また面堂終太郎みたいな男が「暗いの怖いよ」と言っていたり、サクラっぽい人が「世迷い言もいい加減にせい!」と言っていたり、麦わら帽子をかぶった少女が「責任取ってね」と言っていたり……。

「ビューティフルドリーマー」予告公開、小川紗良「ハラハラする予告編ができました」 - 映画ナタリー
小川紗良「ハラハラする予告編ができました」 『ビューティフルドリーマー』予告&新場面写真公開 | ぴあエンタメ情報

こちらの記事ではその事には一切触れていませんが。権利的な問題とかで『うる星やつら』という言葉が禁句にされているのか?

総監督押井守によるシリーズアニメ『ぶらどらぶ』、主人公のひとり? マイ・ヴラド・トランシルヴァニア役で出演する日高里菜氏のインタビュー動画が公開されました。

Twitterでは、押井守監督直筆の絵コンテも公開されました。しかしほんとアニメ本編の公開はいつになるのでしょう……。

"映画研究会、伝説に挑む。"本広克行監督が、押井守の脚本「夢みる人」の実写映像化に挑んだ『ビューティフルドリーマー』-追加キャスト&新場面写真公開! - シネフィル - 映画とカルチャーWebマガジン
伊織もえ&池田純矢&飯島寛騎ら参戦! 本広克行監督が押井守脚本に挑む「ビューティフルドリーマー」 : 映画ニュース - 映画.com

原案・押井守、監督・本広克行による実写映画『ビューティフルドリーマー』の新しい場面カットやキャスト情報が出ています。
ところで私は先に“『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』とは多分無関係”というようなことを書きましたが、こちらの劇中カットでは日本刀ぶら下げているやつが出ていたり(面堂終太郎?)戦車が出てたり、給湯室でセーラー服の女子2人(うち1人は青髪)と養護教諭らしき人物が話していたりと(ラム、しのぶ、サクラ?)、押井氏の意向か本広氏の意向かわかりませんがめっちゃ『うる星やつら2』の雰囲気をめっちゃ漂わせています。

高田明美が語る「意外なきっかけで完成したクリィミーマミの髪型」
高田明美が明かす〝暇つぶし〟から始まった『パトレイバー』秘話

画集発売記念として、高田明美氏のインタビューです。高田明美氏は、押井守氏と同様に竜の子プロ(タツノコプロ)の求人広告を見て入社(年齢は押井氏より下ですがタツノコに入ったのは高田氏のほうが先らしい)。その後、布川ゆうじ氏、鳥海永行氏らが独立して設立したスタジオぴえろ(現ぴえろ)に移籍。同じく移籍した押井守氏が初のTVシリーズ監督(チーフディレクター)を勤めた『うる星やつら』でキャラクターデザインを務めました。しばらく後に『機動警察パトレイバー』にて再び押井氏と仕事をしています。そのため、インタビュー内にも押井氏の名前がちょくちょく出ています。

総監督押井守によるシリーズアニメ『ぶらどらぶ』、今度は血祭血比呂役で出演する朴璐美氏のインタビュー動画が公開されています。新型コロナウイルスの影響で公開時期未定のままになっていますが、そろそろ公開時期についての情報が欲しいです。

立東舎より、押井守監督の映画評集『押井守の映画50年50本』が、電子書籍版を含めて発売されましたが、それを記念して押井氏が今度は『1917 命をかけた伝令』について語っております。