押井守の新作小説『ゾンビ日記』

カテゴリ:

ゾンビ日記 - 株式会社 角川春樹事務所

運命の日から数年後、生きている人間を探し求めて東京を彷徨ってきた男は、静かな絶望のなかにいた。男と共存するのは、犬や猫の動物ではなく、徘徊するゾンビのみ。人を襲わず、なにも食らわず、何にも関心がない。男の他には、“生きている”人間はいなかった。残された食料で生き続ける男は、無偽な生活から逃れるように、やがて銃を手にする――。ゾンビたちが出現した理由は? 運命の日には何が起こったのか? アニメ・映画監督の押井守が描く、新しい小説世界!

ということで、ゾンビを狩るスナイパーを主人公にした話のようです。この話だけ見ると『アイ・アム・レジェンド』とかを連想しますが。

コメントする

個人情報(入力任意)

アーカイブ

制作協力書籍

ライターとして、以下の書籍の制作に協力させて頂きました。

その他の書籍協力依頼などについては、メールにて連絡をお願い致します。

このブログ記事について

このページは、教官が2012年5月31日 19:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『重鉄騎』押井守制作の15秒トレイラー公開」です。

次のブログ記事は「ランティエに『ゾンビ日記』についての押井守インタビュー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

QRコード このサイトは携帯電話などで見ることが可能です。http://mobile.kyo-kan.net/ にアクセスしてください。